(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イギリス<英議会を標的にしたテロ>
記事タイトル *宗教・教派を超え、犠牲者を追悼
本文テキスト  テロの現場近くのウェストミンスター寺院前では、3月24日に英国国教会、カトリック、ユダヤ教、イスラム教スンニ派とシーア派、それぞれの指導者5人がともに黙祷を捧げた。テロを受けてSNSなどで反イスラム発言が目立ち始めるなか、宗教や宗派を超えた連帯を訴えた(産経3/26)。また、23日夕方にトラファルガー広場で開かれた追悼集会には数千人が参加し、カーン市長が「ロンドンは、さまざまな背景を持った素晴らしい人々が集まる偉大な都市。私たちの価値観を守るために立ち上がろう」と呼びかけた。イスラム教少数派のアフマディア派の若者たちが「すべてに愛を」と書いた横断幕を掲げるなど、過激派に立ち向かう姿勢を表明するイスラム教徒の姿も見られた(東京・夕3/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center