(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆オーストラリア
記事タイトル *カトリック聖職者の7%が性的虐待に関与
本文テキスト  オーストラリア政府の独立調査委員会である王立委員会の公聴会が、シドニーで2月6日から27日まで開かれた。公聴会ではカトリック教会で長年、神父ら聖職者のうち7%が児童への性的虐待に関与していたとの調査結果が公表された。調査対象は1950年から2010年までの在職者で、被害者は4,444人に上り、うち97%が少年だった。被害当時の年齢の平均は少年が11歳半、少女が10歳半。加害者は1,880人で、9割が男性だったと時事通信が報じた。調査は被害報告に基づくもので、実態はもっと深刻である可能性が高く、多くの教会が学校を運営しており、学校も性的虐待の温床になっていた(キリスト2/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center