(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年6月-8月
号数 20
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *祈とう師訴訟、両親の訴え棄却
本文テキスト  がん患者に、呼吸法などで治ると信じこませて医療行為を勧めず死亡させたとして、患者の両親が祈とう師に対して損害賠償を求めていた裁判の判決が6月26日、那覇地裁沖縄支部であった。判決では「通常の判断能力があれば、被告の行っていた呼吸法が、がんに対する自然治癒力を高める目的にすぎないことは容易に判断できた。また被告は患者に医療行為を受けるよう指導する義務を負っていたとはいえない」として原告の訴えは退けられた(沖縄タイムス 6/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center