(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *三島由紀夫の自決9ヶ月前の肉声テープ発見
本文テキスト  TBSホールディングスは1月12日、作家の三島由紀夫(1925〜1970)が自決する約9ヶ月前に自らの死生観や文学観を語った録音テープが社内で見つかったと発表した。録音時間は約1時間20分で、1970年2月、英国の翻訳家ジョン・ベスター氏と日本語で対談した際のものとみられる。TBSに保管された経緯は不明だが、三島とベスター氏の家族が本人の肉声と確認した。
 三島は対談で「死が肉体の外から中に入ってきた気がするんです」「初めから終わりまで、ずっと僕の小説は死と関係がある」などと語っており、また自らの文学の欠点や平和憲法についての持論も述べている。専門家は「録音は、具体的な自決への行動を構想し始めたころのもの」としており、自決に至る心境や思想を知るうえで貴重な資料になるとみられる(朝日・東京1/13ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center