(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆幸福の科学
記事タイトル *幸福の科学学園撤去請求を棄却
本文テキスト  滋賀県大津市の「幸福の科学学園関西中学・高校」の土地は地滑りの危険があるとして、近隣住民152人が同市に対し、学園に建物の撤去や使用禁止を命じるよう求めていた訴訟の判決が3月23日に大津地裁であり、住民の請求は棄却・却下された。住民側は、学校底地の地盤が弱いため地滑りが起こる危険性があること、開発許可を得ずに切り土などを行っていて規制に違反していることなどを主張していた。判決では、学校北側の低い土地については地盤の弱さによる地滑りが起きる可能性を認めたが、それ以外に関しては退けた。この問題に関しては、同校の開校前から周辺住民が「説明が十分ではない」として反対運動を展開し、県に認可をしないよう求める署名も提出していたが、県は認可を出し、2013年4月に開校。原告側の住民らは同年5月に提訴していた。住民らは今回の判決を受けて控訴を検討している(京都・滋賀3/24、毎日・滋賀3/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center