(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現・Aleph(アレフ)、ひかりの輪)
記事タイトル *地下鉄サリン事件被害者ら299人の健康状態調査
本文テキスト  筑波大学の松井豊教授(社会心理学)らは2月11日、アンケート調査の分析結果として、1995年3月に起こった地下鉄サリン事件で負傷した人の健康状態が、事件発生から約20年後も悪化している可能性があると発表した。調査は、2014年に連絡先のわかった被害者や家族の953人に調査票を郵送して実施したもので、負傷した299人に体と目と精神状態について尋ねた結果、57%が「体がだるい」、76%が「目が疲れやすい」、61%が「忘れっぽくなった」と回答した。対象者は完全に一致している訳ではないが、1997年に聖路加国際病院が実施した同様の調査と比較すると、いずれの症状も2割から4割増えているという。また、負傷後に食欲が減退したり、趣味・楽しみが減ったりした人ほど、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の関連症状が出ていたことも明らかとなった(東京・東京2/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center