(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年12月-2005年2月
号数 26
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *天皇・皇室
本文テキスト  <天皇・皇后両陛下には「阪神・淡路大震災十周年のつどい」及び「国連防災世界会議」開会式に御臨席のため、一月十六日から十八日まで兵庫県に行幸啓遊ばされた>。17日の追悼式展後には<遺族の代表一人一人に親しくお声をかけられお励ましになられた>(24日付)。
 12月30日、<天皇陛下には><第一皇女子・紀宮清子内親王殿下と東京都職員の黒田慶樹氏の結婚を御裁可遊ばされた>。宮内庁では、正式の婚約は「納采の儀」を以て成立し、今回は婚約内定としている(17日付)。
 12月18日、<高松宮宣仁親王妃喜久子殿下が><敗血症のため薨去された。御年九十二歳であられた>。伊勢の神宮大宮司北白川道久氏は、「医療の発展と福祉の増進に御力を尽くされました」との謹話を出した(1日付)。
 なお、皇室の年末-年初にかけての諸行事については以下の通り。天長節(天皇誕生日。1日付)、歳旦祭など正月行事(17日付)、講書始の儀(24日付)、宮中歌会始(24日付)。ほかに近現代皇室財産制度の歴史(24日付、31日付)、皇室典範に関する有識者会議(31日付)についての記事あり。
Copyright(c) Religious Information Research Center