(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *岩手・宮城で国立追悼・復興祈念公園に着工
本文テキスト  岩手県陸前高田市で3月5日、東日本大震災の犠牲者の追悼と復興を祈念する国立公園「高田松原津波復興祈念公園」の建設が始まった。公園は岩手・宮城・福島の3県にできる予定で、岩手県に続き宮城県石巻市でも19日に「石巻南浜津波復興祈念公園」に着工。いずれも2019年度から2020年度の完成を目指す。福島県は原発事故の影響で遅延している。
 陸前高田市の公園には、自然災害で国内初となる国営追悼・祈念施設や震災関連の伝承施設を設けるほか、物産店も併設して観光の拠点とする。当初は「奇跡の一本松」を追悼場所に想定していたが、市民の反発により、海を臨む追悼広場を設けることとなった。石巻市の公園では、津波で流された家屋の基礎部分や旧市立門脇小学校校舎など、震災前の街の面影を残して被災の記憶を伝える(日経・東京・夕3/4ほか)。
[→『ラーク便り』62号22〜23頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center