(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *アイヌ遺骨、19世紀後半に発掘禁止令か
本文テキスト  19世紀後半に日本政府がアイヌ民族の墓の発掘を禁止する「命令」を出していたとみられることが、2月4日に報じられた。根拠となったのは、オーストリア人アイヌ研究者のグスタフ・クライトナーが1878年8月に北海道を探検した際の旅行記『極東にて』(1881年出版)。同書によれば、クライトナーは北海道を管轄していた官庁に墓の発掘許可を申請したが、「政府はアイヌの墓に触れてはならないとする厳しい命令を出している」として却下された。命令の時期や詳細な内容に関する記述はない。発掘禁止の命令が存在した場合、命令の有効期間内に海外に持ち出された遺骨について、全て不当収集と証明できることになる。内閣官房アイヌ総合政策室は「『命令』も今後の調査対象にしたい」と述べている(毎日・東京2/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center