(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *無形民俗文化財の伝統行事、20県で60件が休廃止
本文テキスト  1月3日、都道府県が無形民俗文化財に指定した伝統行事のうち、継続的な実施が困難となり休廃止されたものが20県で計60件あることが、共同通信の調査で判明した。廃止された行事は4県で計6件、休止・中止された行事は17県で計54件だった。文化庁によれば、都道府県指定の無形民俗文化財は2016年5月時点で1,651件。
 調査は2016年11、12月に全都道府県を対象として実施された。現在の文化財保護の制度が整った1975年以降に、実施されなくなったが再開の可能性があり文化財指定を維持している行事(休止・中止)と、実施されなくなり指定を解除した行事(廃止)の数を尋ねた。国の文化財指定を受けて都道府県指定を解除したものは除いている。休廃止が多かった県への聞き取りでは、少子化や過疎などによる担い手の減少が理由として挙げられた(日経・東京1/4ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center