(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年12月-2005年2月
号数 26
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *公益法人制度改革
本文テキスト  新日本宗教団体連合会は20日、東京の新宗連会館で公益法人制度改革と宗教法人について学習会を開催。石村耕治白鴎大学教授は、制度改革で公益法人が原則課税となり、公的機関の宗教法人の活動や事業への審査がエスカレートした場合、「政教分離ルールに抵触する」と述べた。「問題点と影響についてしっかりした認識を持つべき」(25日付)。
 新宗連は12月22日、自民党に対し、公益法人制度改革に関する有職者会議の報告書への懸念と慎重な対応を申し入れた。報告書の方向が将来、宗教法人や社会福祉法人などへ影響を及ぼすというもの(25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center