(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *釈迦三尊像の複製公開
本文テキスト  東京芸術大学と富山県高岡市、同県南砺市などが国宝「法隆寺金堂釈迦三尊像」を複製し、2月16日、同大で報道陣に公開した。最新の科学技術と伝統の技の融合により、素材・質感ともに本物と同じ「クローン仏像」の作製を目指す企画で、伝統産業界に新たな需要を呼び込むことが狙い。複製は同大が3Dプリンターで製作した樹脂製の原型をもとに、高岡市の鋳物メーカーが金銅の像を鋳造し、南砺市井波地域の建具職人や彫刻師が木製の台座を手掛けた。本尊は門外不出とされるが、複製は移動が比較的容易。海外への持ち出しや脇侍の位置の入れ替えができ、観覧者に手で触れてもらうなど、展示方法の幅が広がる。複製は高岡市で3月10日から20日まで一般公開された(朝日・東京2/17、北日本・富山2/17ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center