(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *妙伝寺本尊、7世紀制作の可能性
本文テキスト  1月13日、藤岡穣・大阪大学大学院教授は、京都市左京区の天台宗妙伝寺本尊・如意輪観音菩薩像(半跏思惟像(はんかしいぞう))が7世紀ごろに朝鮮半島でつくられたものである可能性が高いと発表した。寺の創建が1616年であるため、本尊も江戸時代初期の作と考えられてきたが、宝冠の飾りなどの特徴が6世紀から7世紀の朝鮮半島の仏像に類似していることに加え、蛍光X線による金属成分調査の結果や耳たぶの造形なども判断材料となった。像が同寺に来た経緯は不明だが、同時期につくられた金銅製の渡来物は国内に3体しかなく、極めて貴重(日経・東京1/14、読売・東京1/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center