(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *「飛び梅」のクローンが里帰り
本文テキスト  北野天満宮(京都市上京区)のご神木「飛び梅」からクローン技術を用いて組織培養された苗木2本が、3月、同宮に里帰りした。「飛び梅」は「紅和魂梅(べにわこんばい)」とも呼ばれ、かつて太宰府に赴任した菅原道真を追いかけ、京都から一晩にして主人のもとへと飛んだという伝説を持つ。「飛び梅」の培養は、梅の病気に対する保全策として住友林業が2012年に着手したもの。3年がかりで芽を増殖させて育てた。また、培養の過程で「飛び梅」の根と幹の部分でDNA型が異なることが判明し、およそ350年前に接ぎ木された可能性が示されている。同宮宮司は接ぎ木の可能性について「梅の木が歴史的に受け継がれてきた証し」「先人が接ぎ木して大切に守ってきたのだろう」とし、今後も「飛び梅」の種の保存を続ける旨のコメントをしている(産経・京都3/14、読売・京都3/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center