(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *陽明門「平成の大修理」終了
本文テキスト  日光東照宮の国宝「陽明門」が3月10日、約40年ぶりとなる大修理を終えて一般公開された。今回の「平成の大修理」では、約4年をかけて508体の彫刻や屋根などを全面的に修理。同日の竣工式には関係者約170人が参列し、徳川家康の御霊を乗せた神輿に続く形で「通り初め」が行われた。竣工式の前日にあたる9日には下野新聞で6ページにわたる企画特集が組まれ、さらに公開後1週間で前年同期比約35%増となる3万2,827人の参拝者を数えるなど、注目度の高さがうかがえる(下野・宇都宮3/11ほか)。
 また、今後も観光客の増加が見込まれるなか、日光市は世界遺産である日光東照宮・二荒山神社・輪王寺の二社一寺の周辺に無料公衆無線LANサービスを整備し、4月1日に運用を開始することを発表した。世界遺産に指定された地区では無線基地局の設置が難しく、同市が二社一寺や環境省などと協議して整備を進めている。LANを利用するための入り口となるウェブページは、外国人観光客を念頭に置いて4ヶ国語に対応し、メールアドレスやSNSのアカウント情報を用いた接続方法を提供。同市の情報政策室は、NTTと連携してさらにサービスを拡充する方針を打ち出している(下野・宇都宮3/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center