(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *キリスト教学校教育同盟のアンケート調査
本文テキスト  キリスト教学校教育同盟は加盟校に実施したアンケート「ノンクリスチャン教職員が担いうるキリスト教教育とは何か」の集計結果を3月5日に発表した。小学校の回答者は67人、中高等学校の回答者は273人。「ノンクリスチャンとクリスチャンの教職員の間に違いを感じることがあるか」との質問は「はい」と「いいえ」がほぼ半々であり、違いを感じる機会として最も多いのは「礼拝」(小学校26人、中高107人)だった。「キリスト教教育に対する考え方などを校長やチャプレンから聞かれることがあるか」との質問には「全くない」(小学校25人、中高138人)が<高い結果>となった。「ノンクリスチャンの教職員だからこそ担える役割」としては、「クリスチャンでない児童・生徒と同じ立場でキリスト教を学べる」(小学校47人、中高203人)であった(キ25日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center