(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *外国人技能実習生などの「人身取引」問題
本文テキスト  移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)は、外国人をターゲットにした新しい形の「人身取引」に対して注意を喚起する啓発DVD『人身取引を見ぬく目を〜安全な移住のために〜』を監修した。音声は(1)日本語、(2)日本語で英語字幕付き、(3)タガログ語の3つ。「人身取引」で最も問題になっているのは約20万人いる外国人技能実習生で、国連では日本独自の技能実習制度が「人身売買、奴隷労働につながっている」と認識されているという。また2016年から一部の地域でフィリピン人の「家事労働」の受け入れが始まったが、個人宅の密室で働く仕事であるため、人権侵害を受けやすい(カ26日付)。『クリスチャン新聞』は1〜3月の各号に<座談会:人身取引問題を考える 私たちに何ができるのか>を連載した。出席者は次の4氏。山岡万里子(ノット・フォー・セール・ジャパン代表)、斎藤恵子(ストップ子ども買春の会共同代表)、坂本新(NPO法人人身取引被害者サポートセンター ライトハウス事務局長)、東方敬信(青山学院大学名誉教授)。
Copyright(c) Religious Information Research Center