(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *「神社に関する意識調査」20年間の推移
本文テキスト  神社本庁は2016年10月に第4回「神社に関する意識調査」を実施した(第1回は1996年、第2回は2001年、第3回は2006年)。以下、20年間の意識の推移を踏まえての結果。(1)氏神の認知率は一貫して減少して「知っている」は59.5%に。「知っていてもお参りしない」と「知らない」を合わせると半数を超えた。一方、(氏神が)「地域の人々を守っていてくれる」との意識は45.8%で過去最多。氏神をめぐって二極化がおきている。(2)家庭祭祀で重要な役割を持つ神棚の保有率は20年間で10ポイント下がって41.2%。東京では19%と2割を切った。ただし神棚の有無に限らず、家庭の無宗教化はほかの調査でも指摘されている。(3)伊勢神宮の認知度は98.3%で過去最高。しかし、神宮大麻を受けている人は13.7%にとどまり過去最低であり、21大都市では8.8%、東京区部は1.3%となっている。なお、氏神神礼を受けている人は21.6%。(4)神宮大麻を受けるのは「伊勢神宮へお参りして」が16.5%と20年間で最高。「地域の世話人を通して」は42%に減少した。地域による頒布の陰りと個人的な志向が見られる(13日付。関連として同日付に<伊勢で頒布終了祭 今年は862万662体>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center