(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *仏教大学別科初の留学生、ブラジル日系3世が修了
本文テキスト  仏教大学別科(仏教専修)で1977年の創設以来初の留学生である山田フェリザルド・ミウトン英規さんが、3月で2年間の課程を終える。ブラジル出身で日系3世。在家の家庭に生まれ、サンパウロの浄土宗日伯寺を訪れるなどするなかで、仏教に親しんできた。曾祖母の葬儀などで僧侶の姿を目にし、憧れを抱いた。15歳の時に僧侶になりたいと僧侶に相談したが一度は諭され、それでも28歳で再び門をたたいた。2014年に来日、翌年4月に別科に入学した。2017年4月からは浄土宗南米開教区の僧侶として活動するが、「若い世代に、法然上人の教えを伝えたい」「浄土宗の教えをポルトガル語に翻訳したい」と意気込んでいる(8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center