(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *「賊軍」合祀申し入れを批判
本文テキスト  政教関係を正す会の研究会が12月19日に神社本庁で開催され、このなかで国学院大学准教授の藤田大誠氏が「靖国神社問題の現在―『賊軍』合祀申し入れの検討を中心に―」と題して研究発表を行った。同申し入れは亀井静香衆院議員が2016年10月に靖国神社に対して行った。藤田氏は、申し入れに対し次のように批判した。<日本の文化伝統を寛容性のみに集約し神仏関係や人霊祭祀に関する複雑な歴史的変遷を完全に捨象している点と、その上で短絡的にすべての御霊を祀ることを求め、靖国神社の祭神合祀に関する歴史的経緯を等閑視している>。<とりわけ、発足当初の明治維新政府にとって統治の正統性を確保する上で、「賊軍」に対して寛容な姿勢を示すことが難しい国際情勢にあった>(23日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center