(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2017年1月-3月
号数 74
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *天皇・皇后の2016年に詠まれた歌
本文テキスト  『神社新報』は、天皇陛下の1月1日の四方拝をはじめ宮中歌会始など皇室の新年諸行事を詳報している(16日付、23日付)。ここでは2016年に両陛下が詠まれた歌のなかで、宮内庁が発表した天皇陛下の御製5首と皇后陛下の御歌3首のうちから1首ずつを紹介する。御製「戦の終りし後の難き日々を面(おも)おだやかに開拓者語る」。11月に長野県阿智村の満蒙開拓平和記念館に訪問された時のもの。御歌「許し得ぬを許せし人の名と共にモンテンルパを心に刻む」。1月にフィリピンを訪問された折、エルピディオ・キリノ元大統領の子孫と会われた時のもの。同元大統領はアジア太平洋戦争で妻子4人を失ったが、戦後、モンテンルパ刑務所に収容されていた日本人戦犯100余人を恩赦し、帰国を認めた(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center