(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *難民受け入れ策を堅持も条件を厳格化
本文テキスト  メルケル首相は12月6日、西部エッセンで開かれた「キリスト教民主同盟(CDU)」の党大会で党首に再選され、2017年秋の総選挙に首相候補として出馬することが正式に決まった。大会ではメルケル首相の寛容な難民政策に一般党員からの批判が相次ぎ、連立与党「キリスト教社会同盟(CSU)」の党首は大会への出席を拒んだ。これを受けて首相は、難民流入を制限するためにトルコと結んだ合意をアフリカ諸国に拡大し、申請が認められなかった難民は早急に本国に送還するなど、受け入れ条件を厳格化する方針を打ち出した。また、「人間同士が会話をするためには顔を見せ合うべきで、ブルカは禁止されるべき」との見解も示した。同時に、戦乱を逃れた難民を保護したことを「特筆すべき業績」と主張するなど、難民受け入れの姿勢は堅持することをうかがわせた(朝日・夕12/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center