(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *IS、遺跡都市パルミラを再制圧
本文テキスト  12月11日、古代ローマの遺跡で有名な中部の都市パルミラを、スンニ派過激派組織「イスラム国(IS)」がアサド政権軍を撃退して再制圧した。ISは2015年5月に同地に侵攻し、バール・シャミン、ベル両神殿など多神教時代の遺跡を「偶像崇拝」とみなして破壊活動を行っていたが、2016年3月に政権軍が奪還。しかし12月に入りISはパルミラ周辺で攻勢を強め、政府施設や油田を狙った攻撃で約50人の政権軍兵士や戦闘員を殺害していた。同国と隣国イラクで劣勢に立たされるISにとって、国際的に知名度の高いパルミラ再制圧は宣伝効果の大きい「戦果」となるという見方もある(東京・夕12/12ほか)。
→『ラーク便り』70号49〜50頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center