(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *アザーンへの「騒音規制」法案、首相が支持
本文テキスト  11月13日、国内の礼拝施設においてスピーカーの使用を禁止する法案にネタニヤフ首相が支持を表明し、議会での審議に回された。法案は特定の宗教を対象にしたものではないが、礼拝の呼びかけにスピーカーを用いるのはイスラム教のアザーンだけ。同首相は「あらゆる宗教に属する市民から、ムアッジン(礼拝の呼びかけ役)による過度の騒音に関して不満が寄せられている」と述べ、「騒音」であるアザーンから市民を守るのが目的だと主張する。この法案はパレスチナ側からの反発を招いただけでなく、安息日の始まりを知らせるサイレンの使用にも規制が及ぶことを危惧するイスラエル国内のユダヤ教超正統派からも反対の声が上がり、これを受けて審議は中断している(Newsweek11/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center