(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *1世紀前半のシナゴーグ跡が発見される
本文テキスト  天理大学の桑原久男教授が団長を務める日本の調査団が北部ガリラヤ地方のテル・レヘシュ遺跡で8月、紀元後1世紀前半に造られたシナゴーグ(ユダヤ教の集会所)跡を発見した。未発掘部分も含め、南北8.5m、東西5m以上の範囲に及ぶと推定される。初期シナゴーグの特徴である四角い切石のベンチが並んでいたことなどから、1世紀前半から2世紀前半にかけてのものと同定された。第二神殿崩壊以前のシナゴーグとしては8例目で、貴重な発見となる。新約聖書によれば同地方はイエス・キリストが教えを説いて回った地域であり、テル・レヘシュのシナゴーグにもイエスが訪れた可能性が指摘されている(読売10/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center