(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アゼルバイジャン
記事タイトル *教皇訪問、諸宗教同士の尊重を祈る
本文テキスト  教皇フランシスコは9月30日から10月2日にかけてジョージアとアゼルバイジャンの2ヶ国を訪問した。10月2日に訪れたアゼルバイジャンでは、午前中に国内唯一のカトリック教会である聖マリア小教区を訪問。教皇自ら司式したミサには約300人が参加し、国内少数派であるカトリック共同体を勇気づけた。午後にはイルハム・アリエフ大統領らと会談し、イスラム教シーア派が多数を占める同国において少数派共同体の権利とアイデンティティの尊重を強調した。同日夕方からは首都バクーのモスクで開かれた諸宗教指導者の集まりに参加し、多くの人々の血が流されている現状を嘆き「公式な交渉が実を結んでいないと思われる場所でも」諸宗教の協力によって平和へ向けた対話と和解が進むことを祈った(カトリック10/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center