(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ブルネイ
記事タイトル *日系金融企業がイスラム金融ファンド立ち上げ
本文テキスト  日本の金融サービス企業SBIホールディングスがブルネイ政府と共同でイスラム金融ファンドを設立した。イスラム法は利子の受け渡しを禁じているため、出資金による事業から生じた利益を出資者・事業者間で予め合意された比率の配当金として分配する手法を取るなど、宗教法に則った資金調達手段を求める声がイスラム圏にはある。そうした声に応えた形の今回のファンドへの出資にはブルネイ政府のみならず、サウジアラビアのジッダを拠点とするイスラム開発銀行(Islamic Development Bank)も参加。今後も投資家からの出資を募り、1企業につき数億〜10数億規模の投資を計画中。SBIは2010年にも同じくイスラム金融に基づいてインドネシアの大手企業に投資しており、今回のファンド立ち上げはこれまで以上に規模の大きなものとなる(日経11/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center