(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *大司教、麻薬戦争で価値観荒廃を懸念
本文テキスト  10月2日、リンガイェン・ダグパン教区のソクラテス・ビイェガス大司教はメッセージを発表し、政府主導の麻薬犯罪対策で多くの密売人や依存症者が殺害されていることへの深い憂慮を示した。大司教によると、信仰心と他者への共感を価値としてきたフィリピン文化は「いまだかつて聞いたこともないののしりの言葉や仕組まれたうそ、下品さ」に蝕まれつつあるとし、同国の指導者が提示する暴力的な価値観が次世代に引き継がれてしまうことへの危惧を表明した(カトリック10/16)。犯罪撲滅を公約として成立したドゥテルテ政権下の麻薬犯罪の取り締まりでは、2016年6月の大統領就任以来すでに3千を超す人々が警察や自警団によって殺害されたと伝えられる。大統領は9月30日の演説で自らをヒトラーになぞらえ、さらに数百万の麻薬中毒者を虐殺すると言明。これを問題視した世界ユダヤ人会議などが批判の声明を発表したのに対して、大統領はホロコーストで亡くなったユダヤ人を侮辱するつもりはないと謝罪した一方、自身の麻薬政策を批判するEUや人権団体に対しては「ふざけるな」とののしった(東京10/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center