(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆タイ
記事タイトル *国王死去、国内は1年の服喪期間に
本文テキスト  10月13日、プミポン・アドゥンヤデート国王が88歳で死去した。70年4ヶ月にわたる在位期間は現役の国家元首としては最長。第二次世界大戦直後に18歳の若さで即位したプミポン国王は、1932年の立憲革命以降に王室の力が弱まっていた中、国王を元首に置くタイ式民主主義の中心となり指導力を発揮した。1992年に起こった政府と民主化運動勢力間の対立に際しては、双方の指導者を王宮に呼んで仲裁し、そのカリスマ性を国内外に示した。地域開発にも積極的に関与し国民と広く交流したため、家庭やオフィスに国王の写真や肖像画を掲示することが一般化するほど国民の敬愛を集めた(日経10/14ほか)。世界仏教徒連盟(WFB)の最高顧問も務めた国王の死去が仏教国タイの国民に与える喪失感は大きい(中外10/19)。13日の午後7時に訃報が伝えられると、国王が入院していた病院に詰めかけた群衆の間からは悲鳴が上がり、泣き崩れる人もいた。死去報道の翌朝から、首都バンコクでは喪服で出勤する国民の姿が目立ち、衣料品店では黒い服を購入する人々が列を作った。政府観光庁が観光客に慎みある行動を勧めるなど、社会全体に自粛ムードが広がった(読売10/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center