(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆シンガポール
記事タイトル *若者の宗教間対話を促す草の根フォーラム開催
本文テキスト  国内少数派であるイスラム教徒の市民団体が主催する対話フォーラムが10月に催された。国外でのテロ事件などをきっかけに広がりつつある宗教間の溝を埋めようと試みる市民運動の一環として行われたもの。主に中国系とインド系、イスラム教徒の多いマレー系が多民族社会を形成するシンガポールでは、国営住宅に異なる民族出身の居住者を割り当てる制度を持つなど政府主導の宗教間融和も進められている。他方で、フォーラムを主催する市民は民間レベルでの草の根活動の重要性を強調する。「テロの報道のたびに、多くのムスリムは今回こそイスラムと無関係であってほしいと祈る」と語る主催者は、テロと関わりのないイスラム教徒が社会的な疎外感に苦しむ現状の打開を願う。今回のような市民同士の対話の場がイスラム教への正しい理解を促すだけでなく、孤立した若者が過激思想に走らず、異教徒のコミュニティへと自ら歩み寄る機会になることが期待されている(日経12/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center