(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *知事の反イスラム的発言に大規模デモ
本文テキスト  11月4日、ジャカルタ特別州知事の反イスラム的発言に抗議するイスラム教徒たちによる大規模なデモがジャカルタ中心部で行われた。この抗議デモは、華人系キリスト教徒のバスキ・チャハヤ・プルナマ知事が「コーランに惑わされているから、あなたたちは私に投票できない」などと発言したことを受けたもので、知事の退陣を求める参加者の一部が暴徒化し負傷者も出た(読売11/5ほか)。さらに、翌月2日に同地で行われたデモには20万を超す人々が参加。宗教対立による政情の不安定化を懸念したジョコ大統領は、イスラム教徒にとって大切なのはデモよりも礼拝だと呼びかけ、デモ参加者たちと共に広場で礼拝し事態の鎮静化に努めた(日経12/3)。インドネシア警察はイスラム教を冒瀆した罪で知事を刑事事件の容疑者として認定、12月1日には検察が宗教冒瀆罪で起訴したことを発表している(毎日12/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center