(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *イスラムファッションに日本製の生地が活躍
本文テキスト  10月22日に始まった「ジャカルタ・ファッション・ウィーク」で、福井県坂井市の染色加工会社ユティックの生地が好評を博した。同社が生地を提供したブランドは、インドネシアでイスラム教徒女性向けの衣服を販売する「ノーマ・ハウリ」。デザイナーのノーマ・モイさんが来日した際にユティックと協力することで合意。イスラム圏では中東を主な取引先とするユティックはイスラム服用の黒い生地に力を入れてきたが、モイさんの要望に応じて今回のファッションショーにはカラフルに加工した生地やスカーフ20点を提供した。山口基樹社長は「中東と比べてファッショナブル。日本の若い女性が着ているような服もある」と、世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシア市場への期待を語った(福井新聞12/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center