(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *四国遍路のエッセーを出版
本文テキスト  四国遍路の案内役の先達(せんだつ)に外国人として初めて公認されたソウル在住の崔象喜(チェサンヒ)さん(41)が、四国遍路中のエピソード等をエッセーにした『四国を歩く女』(韓国語)をソウルで出版した。11月1日に発売されたこのエッセーを通して崔さんは、「お接待の心に触れる旅に出て、日本を見つめ直してほしい」と願っている。遍路道沿いにハングルの道案内シールを貼った時にはバッシングを受けもしたが、遍路では多くの人に励まされ、「お遍路で出会えたのはいい人ばかり。本を読んで本当の日本人の姿を知ってほしい」と述べている。2006年に事故死した旅行好きの父を供養するために巡礼の旅を思いついた崔さんは、インターネットで四国遍路を知り、2010年春から歩き遍路に出た。13年には各寺でつくる四国八十八ヶ所霊場会(香川県善通寺市)から先達に公認され、これまで6回の結願(けちがん)を重ねている(読売・大阪・夕11/16ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center