(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等) ◆「生前退位」関連
記事タイトル *「有識者会議」特例法を推進
本文テキスト  安倍首相の私的諮問機関として設置された「有識者会議」が、10月17日を皮切りに、2016年末までに計7回開かれた。6人の構成員からなる「有識者会議」の議事概要は首相官邸ホームページで公開されているが、発言者の名前は伏せられている。第7回までの議論の結果を踏まえた論点整理は2017年1月に公表され、2月から3月をめどにして政府への提言を行う予定。一代に限って譲位を認める特例法を推す形で議論が進んでいるが、皇位継承については憲法で「皇室典範の定めるところによる」という規定があるため、皇室典範に附則を書き加える案も検討されている(産経・東京12/23ほか)。
 同会議の座長代理を務める御厨貴氏が各紙のインタビューに応えたところによると「特例法であっても、一代限りで終わりではない」「自動的に先例化する」とし、恒久法を求める声を踏まえた上で、特例法の方がフレキシブルな対応が可能であることを強調。また、譲位の時期については、8月の天皇陛下の「おことば」に触れ「平成30年という時期についての陛下の言葉は重い」とした(読売・東京12/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center