(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等) ◆「生前退位」関連
記事タイトル *皇族方、誕生日を機に言及
本文テキスト  天皇陛下の「おことば」以降に誕生日を迎えられた皇族方が、会見や文書を通じて「生前退位」について言及している。10月20日に82歳の誕生日を迎えられた皇后さまの文書回答では、天皇陛下は皇太子さまと秋篠宮さまとの話し合いを経て退位の意向を表明されたことが初めて明らかにされた。天皇陛下が退位の意向を示されたのは2010年7月22日の「参与会議」で、その時から摂政ではなく譲位を表明しておられたという。「おことば」が「生前退位」という表現で報道されたことについては「一瞬驚きと共に痛みを覚えた」と表現されている(読売・東京10/20ほか)。11月30日に51歳を迎えられた秋篠宮さまは、天皇陛下が「おことば」で語られた象徴天皇の在り方を思慮する姿に理解を示され、意向を表明されたことは「大変よかった」と語られた(産経・東京11/30ほか)。12月9日に53歳を迎えられた雅子さまは、両陛下の体調を慮りながら「お気持ちを重く受けとめております」と文書で回答されている(読売・東京12/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center