(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等) ◆「生前退位」関連
記事タイトル *専門家へのヒアリング賛否割れる
本文テキスト  10月27日に開かれた第2回「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」において、皇室制度・歴史・憲法を中核とする専門家16人を招いたヒアリングを実施することが決定された。ヒアリングは11月中に3回に分けて実施され、「生前退位」について条件付きを含め9人が賛成ないしは容認、7人が慎重・反対の意見を提示した(東京・東京11/30ほか)。ヒアリングで賛否が分かれたことについて、日本経済新聞社の編集委員である井上亮氏は「人選次第でどうにでもなる結果」と指摘。説得力のある説明ができた識者は少なく、なかには「『知見』というより『信仰』の表明と言わざるを得ない」語りがみられたとし、ヒアリングの結果によって議論の方向性を定めることに苦言を呈した(日経・東京12/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center