(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等) ◆「生前退位」関連
記事タイトル *読売、国会議員にアンケート
本文テキスト  日本国憲法公布70年にあわせて、読売新聞社は衆参両議員を対象に憲法に関するアンケート調査を行った。対象とした議員714人のうち、アンケート回答数は357人で、回収率は50%。質問項目には「生前退位」への対応を問うものが含まれており、皇室典範改正による制度化を支持するものが32%、現在の天皇のみの退位を認める特例法が24%、摂政を含む公務の負担軽減が7%、現行から改正の必要なしが1%、無回答が36%であった。回答率が5割、うち無回答が3分の1を超えるアンケート結果から、同紙は同社が10月に行った全国世論調査とも比較しつつ、政府ならびに世論の動向を見極めて判断しようとする議員らの慎重姿勢を示唆している。政党別では与党において特例法支持が上回った一方で、民進党の特例法支持5%、典範改正支持60%が目立つ(読売・東京11/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center