(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *政活費で聖一(しょういち)国師の伝記漫画作成
本文テキスト  静岡市議会の自民党市議団が聖一国師の伝記漫画を政務活動費で制作したことに対し、市民が監査請求を行ったことが11月29日に報じられた。聖一国師は鎌倉時代に活躍した臨済宗の僧で、静岡茶の祖と言われている。市議団は漫画『しずおか 聖一国師物語』を日本語・英語・フランス語版で約3万冊制作。後援者らに無料で配布し、制作費を全額政活費で賄っていた。市の条例によれば、政活費は「市政に関する調査研究に資する」案件に対し交付されることになっており、市民側は今回の出費が「市政の調査研究という大枠から外れている」と指摘している。一方で、市議団は「静岡の基幹産業であるお茶のためにやってきたこと。支出の正当性に自信を持っているし、(政活費の)返還に応じるつもりはない」とした(毎日・静岡11/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center