(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *京都ハリストス教会、大聖堂内初公開
本文テキスト  10月28日から11月7日まで、「京都非公開文化財特別公開」事業で京都ハリストス正教会の「生神女(しょうしんじょ)福音大聖堂」(京都市)が初公開された。同聖堂は国内に現存する東方正教会の本格木造建築として最古級。1903年の完成で、京都府庁旧本館を手がけた松室重光が設計、ロシアのビザンティン様式を取り入れた和洋折衷の構造。内部には帝政ロシア末期にモスクワで製作、移送されたイコンで覆われた壁であるイコノスタス(聖障)があり、壁に嵌め込まれた30面のイコンには、キリストや聖母子、12人の弟子、「最後の晩餐」などが描かれている。当時のロシアのイコノスタスが実際に教会で使われているのは世界的にも珍しいとされる(朝日・東京10/12、毎日・京都10/16ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center