(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *マレガ文書、一般公開に向けて修復
本文テキスト  宣教師のマリオ・マレガ神父(1902〜78)が日本で収集、整理していた臼杵藩(現大分県)の古文書など1万数千点が電子書籍化された上で「マレガ文書」として2020年までに一般公開されることが、10月14日に報じられた。バチカン図書館は修復士9人中4人を専従にあて、日本の専門家の協力を得て、2,800点以上の古文書を修復、電子化した。洋紙は木綿や亜麻などが主原料だが、和紙はコウゾやミツマタなどから作られ修復作業の行程が違うため、内外の修復士を招いた実習会が10月6日に行われ16人が参加。古文書の裏打ちの仕方や、レーヨン紙と水を使って、固着している古文書をはがす手法などが伝えられた(毎日・東京10/14ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center