(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等) ◆ハロウィーン
記事タイトル *ハロウィーン、各地でイベント
本文テキスト  近年のハロウィーンの盛り上がりについて、宗教者達の反応は様々である。カトリック中央協議会の広報担当者は、「私たちの行事ではないので、起源は分かりません、アメリカの風習であることは知っていますが…」と困惑している。プロテスタントの金沢キリスト教会の牧師は「宗教や信仰というより、商業ベースに乗ったお遊びみたいなもの」と否定的であり、「悪霊など人間を不自由にするものを仕立てて、楽しむべきではない」としている。浄土真宗本願寺派僧侶の川西蘭東北芸術工大教授は、「今のハロウィーンに宗教のにおいはそんなに感じない」として、「ファッションとしてみんなが盛り上がる名目でしかない」とする。否定的な宗教者の意見が目立つ中、同氏は若者の心をとらえる方策として、仏教にも見習うべき点があるとも指摘する(東京・東京11/1)。
 また、北海道釧路市の末日聖徒イエス・キリスト教会釧路支部では10月29日、同教会に仮装した人たちが集まり、ハロウィーンパーティーが行われたほか、群馬県沼田市の金剛院では、「人々の憩いの場であるお寺で縁をつくってもらいたい」として、11月5日に「金剛院ハロウィーンパーティー」を境内で開催。ハロウィーンを積極的に活用しようという動きもみられた(釧路・釧路11/2、上毛・前橋11/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center