(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等) ◆ハロウィーン
記事タイトル *ハロウィーン商戦激化、規模でバレンタインを抜く?
本文テキスト  秋の風物詩として定着したハロウィーンの関連市場が拡大しており、市場規模が2月のバレンタインを抜いたとの見方が出ている。日本記念日協会は2016年のハロウィーン関連市場規模が前年度比10%増の約1,345億円で、バレンタインの約1,340億円を抜き、クリスマスに次ぐ市場規模になると推計。同協会によれば目立ったイベントや長期休暇がない秋の消費欲を高めようと企業側が多様なサービスを行ったことも、市場が拡大した要因となっている。また、市場を調査している立教大学大学院ビジネスデザイン研究科の田中道昭教授によれば、ハロウィーンの市場規模はSNSの普及によって仮装姿をネットで紹介する若者が増えたことで、2010年以降急速に発展したという。子ども中心で行われる米国に比べ、日本では幅広い世代が仮装を楽しむ点に特徴があり、「非日常を楽しみたい『変身願望』」がそれを「後押ししたのでは」と同氏は分析する(産経・東京10/28、新潟日報・新潟・夕10/29ほか)。
 また、インターネット調査会社「マクロミル」は、2016年のハロウィーンにかける予算が平均約5千円と2年前より減少したものの、商品購入やイベントにお金を掛ける人の割合が6割を超えたと発表した。調査は10月に行われ、マクロミル社のモニター会員から抽出した15歳から49歳までの全国男女計千人から回答を得たもの(日経・東京・夕10/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center