(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *寺の不動産を不正寄付の疑いで住職逮捕
本文テキスト  12月5日、黄檗宗安城寺(愛媛県松山市)の住職が不動産会社から貸付金を受ける際の担保としていた土地建物を無断で寄付したとして、大阪地検特捜部により背任の疑いで逮捕された。また8日には共謀の疑いで自称檀家総代の男も逮捕。いずれも22日に起訴された。
 特捜部によると両被告は2012年1月、寺の建て替え名目で不動産会社から1億5千万円の融資を受け、期限までに返済できなかった場合は寺の土地建物で代物弁済をすることで合意した。しかし2014年7月、返済が滞っているにもかかわらず、住職の長男が運営する寺に寄付する形で土地建物の所有権を移転登記し、不動産会社に損害を負わせたとされる。
 不動産会社が契約履行を求めて2014年に起こした訴訟の資料によると、住職は同社に対してPL教団の次期教祖であると自称し、同社との借り入れ契約もPL教団本部内の教祖宅で行った。また報道によれば、住職は同社以外から資金を集める際も、PL教団の次期教祖になるための活動資金などと説明していた。PL教団は「この件について、当教団は一切関知しておらず、関係ない」としている(産経・大阪12/6ほか)。両被告は複数の関係先から合計で30億円以上の資金を集めていたと報じられているが、使途は明らかになっていない。特捜部は資金の流出先について捜査している(愛媛・松山12/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center