(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *プミポン国王死去、国内寺院でも追悼
本文テキスト  タイのプミポン・アドゥンヤデート国王が10月13日に88歳で死去し、日本国内の寺院でも追悼行事が行われた。
 名古屋市の日泰寺では、14日にタイ国旗を半旗で掲げた。同寺はシャム(現タイ)から贈られた仏舎利の安置場所として1904年に建立され、1963年にはプミポン国王が夫妻で訪問するなどタイ王室との関係が深い。現在もタイ人の参拝が絶えず、国王の死去を悼んで多くの人が参拝に訪れたという(東京・東京11/9ほか)。
 また、戦前にタイから贈られた仏像をまつる長野市の善光寺では12月1日、プミポン国王を追悼する四十九日の法要を営んだ。法要ではこの仏像を正面において読経が行われ、長野県内在住のタイ人や駐日タイ大使ら100人以上が参列した(信濃毎日・長野12/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center