(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *市重文の大日如来坐像、弥勒菩薩と判明
本文テキスト  大日如来坐像として広島県福山市の重要文化財に指定されていた仏像が実際は弥勒菩薩坐像だったと判明し、同市の教育委員会は10月5日、名称を「木造弥勒菩薩坐像」へ変更した。仏像は14世紀のもので、同市の明王院にある五重塔に安置されている。
 市教委は1993年、印の組み方などから大日如来と判断して重文に指定。しかし2005年に調査を行った広島大の研究者から、仏像の手に弥勒菩薩を象徴する宝塔を持っていた痕跡があると指摘を受けた。明王院から再確認の申し入れを受けて市教委が2016年8月に調査し、弥勒菩薩と確認。市教委は「指定当時の調査が甘かったと言わざるを得ない」と謝罪している(毎日・大阪10/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center