(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *福島のキツネ像破壊容疑で男を逮捕
本文テキスト  12月10日、福島県白河署は韓国籍の男を建造物侵入と器物損壊の容疑で逮捕した。逮捕容疑は、12月9日夜、烏峠(からすとうげ)稲荷神社(同県西白河郡)の境内でキツネの石像2体の頭部を破壊し、さらに拝殿や本殿でキツネの木像や賽銭箱を壊したというもの。同容疑者はキツネ像破壊の犯行を認めた(毎日・東京12/12ほか)。
 福島県内では9月以降、寺や共同墓地の地蔵・仏像などが壊される事件が相次いでおり、県警の調べでは120体の被害が確認されている。石灯籠などを含めると計137件にのぼり、神社のご神体の鏡やほこらが破壊されたケースもある。須賀川市内の地蔵像などが破壊された複数の現場近くでは、同容疑者に酷似した人物が目撃されており、防犯カメラにも同様の外見の男が映っていた。白河署は同容疑者が他の事件にも関与した可能性があるとして捜査を進めている(福島・福島12/13ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center