(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *春日大社の正遷宮(しょうせんぐう)
本文テキスト  2015年春から第60次式年造替(ぞうたい)が行われている春日大社で、11月6日夜、その締めくくりとなる正遷宮(本殿遷座祭)が行われた。天皇の勅使である掌典職(しょうてんしょく)や崇敬者が見守るなか、4柱の祭神のご神体が移殿(うつしどの)(仮殿)から修理の終わった本殿へと戻された。11月8日には奉祝祭が営まれ、同じ藤原氏の氏神・氏寺として関わりの深い興福寺の貫主ら約10人の僧侶が読経を行い、巫女が神楽を奉納した。11月10日にも東大寺や法隆寺が参加する南都隣山会の僧侶が神前で読経を行い、11日には高野山真言宗の僧侶が高野山声明を奉納した(奈良・奈良11/7ほか)。
 また今回の式年造替に合わせ、古来の奉納品を収蔵・展示する旧宝物殿も改修。「国宝殿」と名前を変えて10月1日にオープンした。収蔵する国宝は352点、重要文化財は971点にのぼる(日経・東京10/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center