(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *靖国神社「賊軍」合祀を申し入れ
本文テキスト  10月12日、亀井静香元金融担当相や石原慎太郎元都知事らが靖国神社を訪れ、西郷隆盛など「賊軍」とされた戦没者の合祀を求める申し入れ書を同社の徳川康久宮司に渡した。当日は自民党の平沢勝栄、民進党の原口一博両衆院議員も同席。申し入れ書の賛同者には、中曽根康弘、村山富市、森喜朗、福田康夫ら元首相や、与野党の現職・元職の国会議員のほか、稲盛和夫京セラ名誉会長のような財界人など、約90人が名を連ねた。申し入れ書は「賊軍と称された方々も、近代日本のために志を持って行動したことは、勝敗の別なく認められるべきだ」と主張。亀井氏によれば、同宮司は「ただちにそういたしますとは言えません」と返答したという(産経・東京10/13ほか)。
→『ラーク便り』72号21頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center