(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年10月-12月
号数 73
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *「クリスマスこそぶっ壊せ」とある牧師
本文テキスト  教会のクリスマスに対する牧師の批判エッセイ。抜粋する。<(クリスマスが)伝道の好機! などと思ったお前らは残念な奴だ>。クリスマスは世の中に奪われている。教会で神秘的な気分にさせる儀式を行い、クラシックコンサートなどを催して大盛況になって牧師や信徒は自己満足に陥る。<大失敗だ。そんな時にだけ教会に来た人々はその後、教会には来ない。いやそれも伝道の種まきだって? そんなクリスチャン的理屈はさらに状況をひどくしている>。
 では何をするか。病院、施設、孤独な人々を巡り、最後のクリスマスになるかもしれない人々を訪れる。<そこで歌う歌、そこで祈る祈りが真実のクリスマスを感じるのだ>。聖書には、イエスの誕生を馬小屋で祝ったのは貧しく、弱く、排除された人々だったとある。<俺が訪ねたじいちゃんの家はいわゆる「ゴミ屋敷」>。<待ちかまえてんじゃねえよ。「本当のクリスマスは教会で」…本当も嘘もへったくれもねえ。嘘の世界にそれでも光を灯しに行けよな>(キ3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center