(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年12月-2005年2月
号数 26
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞クリスチャン新聞
記事タイトル *日韓交流
本文テキスト  日本キリスト教協議会(NCC)「障害者」週間の計画で、日韓「障害者」合同交流セミナーが11月20日、東京の日本聖公会牛込聖バルナバ教会で開かれた。韓国側から、日本の視覚障害者が鍼灸やマッサージ以外にどんな仕事に就いているのか知りたいとの要望があったという(キ4日付)。
 韓国の歴史入門書『若者に伝えたい韓国の歴史?共同の歴史認識?』が邦訳出版されたことに対し、日韓司教交流会日本側窓口司教である岡田武夫大司教は11月18日、「歴史認識への理解を深めるよう切望する」というメッセージを発表した(カ5日付。同日付に日韓司教交流会の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center